注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

NAMM SHOW 2013 レポート3

さて、引き続きNAMM SHOW2013のレポートを
お送り致します。

こちらはDWです。
コレクターズシリーズです。

こちらもコレクターズ。

こちらもコレクターズ。

今回は割りとシックな渋いフィニッシュが展示されていたように思います。
DWといえばやはりエキゾチックシリーズが1つのウリな訳ですが、
日曜の時点で全てのドラムセットが売約済みになっていました。恐るべしDW。

関係ありませんが、ギターのFENDERもちょこっと見てきたのですが、
そちらも100本以上展示されていたギターがほぼ全て売り切れてました。恐るべしFENDER。

これも関係ありませんが、野生のヒグマは時速50km(100mを7秒ちょっとで走るスピード)以上で
走ることが出来るそうです。恐るべしヒグマ!!

さて、こちらのスネア。

シェルに空気穴が上下に開いておりますが、
右側に見えるレバーを動かすことで穴をふさぐことが出来ます。

上下それぞれにレバーがあるので上の穴だけふさぐ、
下だけふさぐ、両方ふさぐということが出来るようです。

1つのスネアで4つ美味しい、そんなスネアです。
ただ、しっかり試奏した訳ではないので、どれくらいの違いがあるのかを
体感することは出来ませんでした。

両穴解放、両穴ふさぐ、の2つはかなりの違いがありました。

こちらはGaaiドラム。


Gaaiさんの新作でウッドを繋ぎ合わせて
カバーリングにしているドラムです。

かなり渋くて個人的に好きなフィニッシュです。

こちらのスネアドラムも異なったウッドを使って
デザイン調のスネアに仕上げています。

こちらは別パターン。

音も非常に良かったです。
さすが日本の職人さんが作っているドラムだなと感じます。
とても繊細かつ精巧に作られています。

こちらはSAKAEドラムです。

今年はよりモダン??なフィニッシュを取り入れたように思います。

渋めでかつ深い味わいのあるドラムです。


個人的には最後のドラムが非常に気にいっています。

ハードウェア等も全て自社製造で開発に力を入れているのが
伺えます。

最後はTAMAです。
スタークラシックシリーズがやはり目立ちました。

レッドスパークルが光り輝いています。

スピードコブラが展示されていました。
アイアンコブラよりも軽い印象で、使いやすそうです。

DW5000シリーズよりも軽いのではないでしょうか。

こちらはシルバースターシリーズです。

TAMAやPEARL等はあまり仕入れませんが、アメリカでは
非常に人気が高いです。

顧客対応が非常に良いことでも好印象のようです。

今年のNAMM SHOWも全体的に大変な賑わいをみせていました。
トレンドとしては奇抜なものよりも、より普遍的な渋めのドラムやシンプルなドラムが
多かったような印象です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!