注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

NAMM SHOW 2013のレポート。

2013 NAMM SHOW!!

今年もアナハイムのコンベンションセンターで
開催されました。

最終日に様子を見に行ったので
その模様をお送り致します。

全体的にドラムメーカーは規模を縮小している印象で
大きな飾りや派手で豪華絢爛なドラムセットは各メーカー
あまり無かったように思います。

まずはラディックから。


こちらがドラムメーカーの中で唯一目を引いた
ドラムセットでしょうか。

要塞型??のドラムセットは今回はこの1つだけ
だったように思います。

上のフロアタム2つは何か意味あるんでしょうかね?
ファンネルとかビット的なものなのでしょうか?
バスドラはまあ豪華に見えるということで分かりますけど。

ludwigのアトラスプロです。
かなり操作性も良いですし、ハードウェアとして
非常に高機能ですね。

こちらは定番のブルービスタライトです。

フープのインレイがしっかりブルースパークルになっています。

ludwigのキーストーンシリーズです。

写真では分かり難いですが、バッチがボコっと出ています。

かなり分厚いバッチです。ぜひキーホルダーとして欲しいですね。

こちらはクラシックメイプルシリーズですね。

このスプラッシュ用のブームが珍しいです。

これ、バスドラのラグにすでにスプラッシュ用のマウントが
取り付けられているのです。

このような試みは非常に面白いと思います。
ただ、スプラッシュ使わないぜ!という場合には不要なおまけに
なってしまいますね。

その他、シグネイチャー物やアクセントシリーズドラムセット等、
ラディックは比較的大き目のブースで色々と展示していました。

どれもチューブラグが使われているのが印象的です。
チューブラグの方が高級感のあるように見えるから、かもしれませんね。

こちらはエレメントシリーズです。

サウスポー用にセッティングしてあるようです。
こちらはビギナー用のアクセントシリーズです。

ビギナー用でもしっかりとしたクオリティでアメリカでは
人気のあるシリーズです。

いずれもバスドラヘッドにそれぞれのシリーズオリジナルのものを用意しており、
高級なドラムから安価なドラムまで全てに力を入れている印象です。

他のドラムメーカーで全てのシリーズのオリジナルヘッドをプリントしていた
メーカーは無かったように思います。

他のメーカーはまた次回レポートしたいと思います。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!