注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

70年代ludwig(ラディック)ブラックビューティーについて

さて、今回はludwig(ラディック)のブラックビューティー(Black beauty)について
のお話です。

ブラックビューティーといえば70年後期に発売され(正確には復刻??)、
70年代のものは現存数が少ないこともありドラマーなら誰もが憧れるスネアの1つです。

当ショップでもついてこの77年発売当初の至高のスネアを仕入れたのでその紹介をしていこうかと思ったのですが、
その前に1つ気になる点があったのでここでお話してみようと思った次第です。

70年代、80年代初頭の初期ブラックビューティー(black beauty)において
シェルがブラスかどうか、という点です。

というのも、意外とこの時代のブラックビューティー=100%ブラス
と思っているドラマーさんも多いからです。

70年後期、発売初期はブラスシェルでまず間違いありませんが、
これがシリアルNOが200万に近づくにつれて(80年に近付くにつれて)
実はブロンズシェルが混じってきている、と言われています。
(当方の感覚ではスーパーセンシティブに多いような気がします。)

現在、当ショップで販売している70年代ブラックビューティースーパーセンシティブも
当方の予想ではブロンズシェルだと思います。

ブロンズシェルが混じっている理由ですが、一説では単純なコスト削減のため
という説があります。

元々ブラックビューティーは一部のドラマーには人気があったものの価格が高額なこともあり
70年代発売当時は一般的にはあまり人気がありませんでした。

そのせいもあって当時の生産数が少なかったにも関わらず、後年に評価が非常に高くなって
価格が高騰しているという背景があります。

当時は人気がなかったため採算が取れなくなったからかは分かりませんが、
製造コスト縮小のためブロンズのシェルも使われたのではないかと言われています。

特にスーパーセンシティブは全面辺りのストレイナーで作りが複雑です。
そのためコストが高くなりやむおえずスーパーセンシティブにはブロンズシェル
が多いのかもしれません。

これは80年代に公式にLUDWIGから発売されたブロンズシェルのスネアではなく
81年頃まで製造された当時のブラックビューティー自体にもブロンズシェルが使われていた可能性がある、
ということです。

カタログ上では79年、80年頃のブラックビューティーでもブラスシェルとしっかりと記載されており、
ブロンズシェルのブラックビューティーがしっかりとブロンズシェルとして買い手に認識された上で
売られていたのかは分かりません。

79年以降も、もちろんブラスシェルのブラックビューティーは多数存在しますし
仮にシェルがブロンズだとしてもブラックビューティーであるという事実は変わらないので
価値が落ちるとは思いません。

ただ、ブラスシェルの音が好きだから評価の高いビンテージブラスシェルであるブラックビューティーが欲しいと考えている場合には
シェルの素材がブラスかブロンズかという点は重要になってくるはずです。

当方で今、販売しているブラックビューティースーパーセンシティブも初めはシェルの素材に関する
記載はしませんでした。
(というのも、ブロンズという完全な確信は無いため。)

その間にスネアの状態に関するお問い合わせを数人の方から頂いたのですが、
全ての方が素材はブラスだと認識しているようでした。

これはマズイのでは、ということであくまでも当方の予想ですが、
シェルの素材も記載するようにした次第です。

70年代のブラックビューティーは確実にブラスシェル、とは限らない、
ということは知っておいた方が良いかと思います。

では、どうやってブラスかブロンズかを見分けるのか??

まず、70年後期、発売初期はブラスシェルはブラックの塗装が薄めなので
分かりやすいです。

シェル内側にオリジナルのステッカーがあればまず間違いないですし
また、この時期はブロンズが混じっているという話は聞いたことないので
比較的安心だと思います。
(目安はシリアルが150万台~170万台はセーフだと思います。)

ブロンズシェルの場合には黒の塗装が濃い目だと言われています。
といっても79年以降の場合ブラスシェルでも発売初期のブラスよりも
塗装は濃い目に見えるので何とも言えないかもしれませんが。

他にはシェルの硬度も参考になります。
ブラスは金属としては非常に柔らかいものなので、
軽く押した際の感覚がブロンズとは違うように思います。

特にシェル内側を押すと分かりやすいです。

また、塗装が剥げた部分のシェルの色や状態等も参考にしながら、
最終的には後は音で判断するしかありません。

他に良い判別方法を知っている場合には是非教えて頂きたいです。

また、今回のお話はアメリカのビンテージドラムマニアやビルダー(ドラム作る人)やテックの方の
お話を参考に当方の知識も交えてお話致しました。

誤っている部分、事実と異なる部分がございましたらば
お手数ですがご連絡頂ければ大変ありがたく思います。

何だか今回は固い話になってしまいましたね。
笑や苦笑が一度も使えなかった orz

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!