注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

ドラムのシェルプライ数の移り変わり

ドラムのシェルはいくつかを重ねて層を作ってあり、その枚数をプライという数で
表現することは以前に紹介しましたね。

そのプライ数も時代によって流行りみたいなものがあって少しずつ
移り変わっています。

もちろん、各メーカーによってその傾向も違います。

60年代、70年代前半くらいは少ないプライ数が主流で
3plyが多いです。

slingerlandの有名なradiokingスネアは1プライの単板です。

gretschのラウンドバッチドラムセットは3plyでレインフォースメント無し、
ludwigは3plyでレインフォースメントあり、が60年代のそれぞれのシェルの特徴です。

確かslingerlandもこの時代は3plyだったはずです。
こちらはレインフォースメント付きです。

ludwigはさらに3プライをそれぞれ別の木材で構成されており、真ん中にポプラを挟んでおります。
メイプル、ポプラ、メイプルやメイプル、ポプラ、マホガニーといった形の3重層になっております。

レインフォースメントはメイプルです。

グレッチもラディックも70年後半くらいからプライ数は3から6に変わります。

グレッチは6プライになってもレインフォースメント無しですが
ラディックがここでレインフォースメント無しを採用しています。

2大ドラムメーカーがプライ数を増やしたこともあり、この辺りから他メーカーも追従する形で
プライ数が増えております。

ロジャースからは70年後半から発売されたXP-8はその名の通りプライ数が8あります。

sligerlandも3プライから5プライに変更になり、後に8plyも出てきます。
概ね60年代は3プライが主流で70年代は6プライ辺りが最も主流ということになります。

それでは、このまま80年代、90年代とプライ数が増えていって今は20プライとかになっているのか、
というとそういう訳ではありません。

20プライは厚過ぎる!!ということですね。(笑)
以前に紹介したOCDPを見てもらえば分かりますが15ply辺りでもかなり分厚いです。

現在主流のポップスやその他の音楽に合うのは10プライくらいまでのシェルというのが
各メーカーの考えなのかもしれませんね。

現代のドラムもプライ数は概ね6~10くらいの間で収まっています。

ちなみにプライ数は目で確認するのは困難なので基本的にはメーカーのガイドを
参考にすると良いと思います。

それぞれのドラムがいくつのプライ数かを把握するのは非常に困難なので、
日本で大手ドラムショップ等に試奏に行った際等にそれぞれのドラムのプライ数を
店員さんに聞きまくる等はお控下さい。(笑)

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!